記憶力が鍛えられる

料理分野のアルバイトを選ぶ際には、鍛えておいたほうがいい素質があります。それは、記憶力を高めるということです。これはお菓子の分野でも同様であり、調理のレシピをできるだけ自身の頭の中で把握しておく必要があるのです。特にお菓子作りでは、小麦粉や砂糖などの材料について、厳密な計量が求められます。少しでも分量が異なると、違う味や食感になったり、あるいはうまく形成できないことも多いからです。

実際にアルバイトとしてケーキ屋で働き出すと、初心者のようにレシピを確認しているような時間はとてもありません。少なくとも、基本的な内容だけでも記憶しておく必要があるでしょう。イベントの時期以外は、基本的に同じ商品を毎日作ることになりますから、定番メニューの分量などについては早い段階で覚えておきましょう。

ケーキ作りのアルバイトで必要となる記憶力は、やはり調理の経験がどれだけ長いかがものを言います。調理作業を行っているうちに、材料やその分量、さらにどのような手順で調理を行っていくかの記憶力が育てられていきます。記憶力を鍛えて多くのレシピを頭の中で整理できるようになると、調理場での作業効率も高まります。無駄な動きが無くなってきて、少ない時間で必要な作業ができるようになるでしょう。また、レシピの記憶を自由にイメージできるようになると、新しいケーキのアイディアを生み出すきっかけにもなります。こういった力をアルバイトを通して鍛えることが出来るのは大きな利点であり、将来パティシエを目指す人にとっては貴重な経験になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です